節約するには家計簿を付けるのが必要不可欠で大切という嘘について

スポンサーリンク

家計簿は時間の無駄

節約するには、家計簿を付けてお金を管理することが大切だといわれています。

しかし、私は基本的に「家計簿否定派」で、私自身も家計簿は付けていません。

それは、家計簿を付けてお金を管理したところで、家計簿を付ける時間の方が、無駄というかもったいないと思っているからです。

そして、家計簿を付けることが、出費を抑えることに繋がるのかといわれると、そこには大きな疑問があると思います。

家計簿を付けるだけでは意味がない!①

まず、家計簿を付けても、お金の出し入れや買った物がわかるというだけです。

そして、家計簿を付けたとしても、それだけで何もしなければ、ただ家計簿を付けてるというだけです。

それは、単に家計簿と付けてるというだけで、時間の無駄でしかないということです。

家計簿は、あくまでも家計簿を付けて、お金の流れ知ることで・・・

必要なお金と無駄なお金の選別(区別)して、無駄なお金の出費を抑えなければ、節約には意味がないということです。

家計簿は付けるだけでは意味がない!②

例えば、電気代が月1万掛かるとします。

そこで、1万の電気代は高いと、節約するなら家計簿を付ける意味はあると思います。

しかし、電気代が1万だと知っても何もしなければ、それは単に家計簿を付けてるだけだということです。

また、食材の買い物でも、家計簿を見て高い食材を買い過ぎだと思っても・・・

その高い食材を買い控えるなり、安い食材に換えるなりしなければ、それも上記と同様で意味がないこです。

節約には時間の節約も大切

そして、私が家計簿で一番番無駄だと思うのは、上記の繰り返しになりますが、家計簿を付けるために掛かる「時間」です。

それは、家計簿を付けるのに、毎日1時間使うなど多く時間を掛けるなら、その時間を他のことに時間を使う方が良いと思うからです。

もっといえば、家計簿を付けるその1時間をバイトでもした方が、節約より家計の足しになるということです。

ですので、仮に家計簿を付けるなら、時間は「短時間」で付ける。

さらに、家計簿を付けたら付けっ放しにはせず、家計簿を見て無駄な出費を減らす努力をすることが大切だと思います。

最後に

節約したいと思って家計簿を付けてみても、大抵の人は3日坊主で終わってしまいます。

また、家計簿を付け続けても、無駄なお金の出費を抑える努力が出来なければ、全くの無駄だとはいいませんが、ほぼ意味がないことです。

ですので、家計簿を継続して付ける自信がある。そして、付けた家計簿を見て出費を抑える努力ができる。

そういった人が付けるものが、家計簿になると思います。

それができない人は、家計簿など無駄に付けずに、別の方法で節約を考える方が、私は良いと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
節約術から学ぶ節約生活ブログ