節約に家賃が安いシェアハウスに住もメリットデメリットがある。

スポンサーリンク

シェアハウスにはメリットデメリットがある。

少しでも節約したいと考え、家賃が比較的安い「シェアハウス」に住むことを考える人もいると思います。

また、シェアハウスは一見すると、仲間がたくさんいて楽しそうとか、ワイワイしていてにぎやかそうとか、そんなイメージを持つ人もいると思います。

しかし、シェアハウスは普通の賃貸住宅に比べると、メリットやデメリットが多く存在するといいます。

そのことで住人同士のトラブルに、巻き込まれてしまうことも少なくないそうです。

以下、シェアハウスのメリットやデメリット、また住人同士のトラブルの例などを一部紹介したいと思います。

シェアハウスのメリット

・折半するので家賃が安い

・敷金や礼金が安い

・家具や家電などが付いている。(備え付け)

・水道光熱費やネット代(通信費)が折半なので安い。

・仲間や友達ができる。

シェアハウスのデメリット

・台所など共用部の掃除が面倒

・隣の部屋の音がうるさい。(騒音問題)

・隣人に苦手な人がいる可能性がある。

・盗難や窃盗があることもある、

・人付き合いが苦手な人には住みにくい。

シェアハウスのトラブル例

シェアハウスには、上記のようなメリットやデメリットが多くあといわれています。

そのことで、住人同士のトラブルもあるそうです。以下、そのトラブルの一例になります。

・お金や貴金属などを盗まれた。

・冷蔵庫に入れていた食材がなくなった。

・靴を勝手に履かれた。

・住人にイジメられた。

・男性からセクハラされた。

最後に

シェアハウスは繰り返しになりますが、通常の賃貸住宅に比べると、メリットやデメリットが多くあると思います。

そこで、借りるときは不動産屋の言葉だけでなく、住人や近隣などに事前に聞き込みするなど、自分でいろいろ調べる必要があると思います。

そして、シェアハウスの家賃が安いと思い入居しても、トラブルに巻き込まれてしまっては、元も子もないと思います。

そこで、シェアハウスに入居すれば、家賃が安くて楽しい生活が送れるなどと考えるのは、少し安易な考えなのかなと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!