今話題の「シェアハウス」に住めば節約になるのか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアハウスとは?

シェアハウスとは、1つの賃貸住宅を複数人で共有して暮らすことです。

そこで、シェアハウスと聞くと複数人いますので、楽しくワイワイ暮らせるとか、特に安く賃貸住宅に住めると思う人が多くいると思います。

それは例えば、10万円の賃貸住宅に住む場合、2人でシェアすれば1人5万、3人でシェアすれば1人3.3万で住むことができるからです。

節約を考えるならシェアハウス!?

そして、シェアハウスの場合には、水道光熱費なども折半になりますので、基本料金が折半されますので、シェアすることで、公共料金なども基本的に安くなります。

また、料理(食事)などもシェアしますので、1人分の料理を作るよりも、1度に複数人分の料理を作る方が、基本的に安くなると思います。

そしてこうして見ると、シェアハウスは良いこと尽くめで、1人で住むよりシェアハウスに住んだ方が、何かと安く済むので、節約のことを考えると良い気がします。

しかし、シェアハウスは良いことばかりではないと思います。

良いことばかりではないシェアハウス

まず、上記の料理を作るには、自分だけなら適当に作ることもできると思いますが、他の人も食べるとなると、手抜きはしずらく手間も時間も掛かることになると思います。

また、掃除にしても、自分の部屋は自分ですれば良いと思いますが、共有するトイレやキッチンなどは、持ち回りで掃除をしなければなりません。

そして、トイレやキッチンを掃除するにしても持ち回りですので、時間もしくは曜日が決められていますので、自分の開いた時間に掃除するというわけにはいきません。

要は、一人暮らしに比べ、時間的な拘束が多くなるということです。

更なるシェアハウスのデメリット

また、シェアハウスには「ルール」(決まりごと)があり、そのルールに基づいて生活しなければなりません。

例えば、女性同士で暮らしているなら、男友達や彼氏を部屋に入れてはいけない、冷蔵庫には名前を書いて入れる、お風呂を使うのは30分以内など・・・

とにかく、シェアハウスには、いろいろなルールが存在するということです。

それ以外にも、部屋の中ではプライベートな時間が少ない、周りに気を使うなど、シェアハウスに住むことのデメリットは多く存在すると思います。

最後に

住居費などを安く済まそうとか節約しようと思うなら、シェアハウスに住むというのも1つの方法だと思います。

しかし、住居費などを安くできる代わりにシェアハウスには、上記に書いたようなデメリットも多く存在します。

そこで、シェアハウスのメリット・デメリットを考え、より自分の生活レベルに適した方を選ぶことが重要だと思います。

それは、生活費を安くしたいと思うならシェアハウス、他人に束縛されたくないプライベートを大事にしたいと思うなら一人暮らし、という感しで選ぶことが重要だということです。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク