おやつを節約するにはおやつは買わず食べないのが良い。

スポンサーリンク

おやつは子供の食べ物!?

おやつは、子供だけが食べるイメージがありますが、大人もおやつを食べると思います。

そこで、おやつは子供だけの食べ物ではないと思います。

例えば、会社で小腹が空いたときなどに、お菓子やチョコレートなどを少しつまむという人もいると思います。

また、夕食を食べた後に、チョットした甘い物が食べたいと思い・・・

デザートの代わりに、アイスクリームやプリンなどを食べるという人もいると思います。

おやつで太れば健康を害する。

そこで、定期的におやつを買っているという人もいると思います。

しかし、三度三度の食事をしっかりと食べていれば、おやつを食べたいとは、そう思わないと思います。

また、食事以外におやつを食べていれば、太ってしまうこともあると思います。

そして、太れば成人病などの病気になる可能性があり、健康を考えるなら太るのは、良くないことだわかると思います。

そこでおやつは、無駄に食べない方が良いと思います。

ストレスで健康を害する。

また、上記の太ることだけではなく、節約のことを考えても・・・

おやつを買えば、それだけお金が掛かりますので、節約には不向きだと思います。

とはいえ、ときには甘い物が食べたくなるときもあると思います。

そこで、おやつを買わず節約できたとしても、甘い物を食べなければ・・・

ストレスが溜まってしまい、節約よりも大切な健康を害する可能性があると思います。

おやつを買わない選択

また、おやつは食べ癖を付けてしまうと、止められなくなる傾向が高いそうです。

そこで、おやつを定期的に食べていると・・・

おやつを食べたいと思っていなくても、脳が勝手に反応してしまい、無意識におやつを食べてしまうことがあるそうです。

そこで、おやつを定期的に食べるのは、健康面や節約などのことを考えると、良いとはいえないと思います。

また、おやつを食べないようにするには、おやつを買わなければ食べずに済みます。

小さな物を少量つまむ

しかし、おやつも含めて食べたい物を無理にセーブすれば、ストレスが溜まることになると思います。

そこで、甘い物が食べたいと思ったら、飴を1個2個舐めるとか、小分けになったお菓子を1袋2袋食べるとか・・・

そうすれば、甘い物を食べても太ることはなく、健康を害することもないと思います。

また、節約のことを考えても飴とか小分けのお菓子などは、それほどお金は掛かりませんので良いと思います。

節約人気ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

食費
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
節約術から学ぶ節約生活ブログ
タイトルとURLをコピーしました