日本人のセコイ節約は効果が薄いのでやらない方が良い?

スポンサーリンク

日本人の節約はセコイ?

日本人がやっている節約(節約術)は、セコイのでやらない方が良いという人もいます。

それは、例えばティッシュ(ティッシュペーパー)を半分に切って使う節約など、どれだけ効果があるのか疑問だと言います。

その理由は、ティッシュなどは、安ければ1箱50円程度で買えますので、それを半分にしたところで25円と少ない節約だからです。

さらに、ティッシュをわざわざ半分に切る労力を考えると、やらない方が良いと言います。

節約人はセール(安売り)の言葉に弱い。

また、買い物で「セール」(安売り)していると、安いと思いつい買ってしまう。という人もいると思います。

それは、一見すると節約しているかのように見えますが、セールといっても不要な物を買っていては、節約にはなりません。

節約とは、あくまでも必要な物を安く買ってこそ、節約になりますので、セールでも不要な物は、節約には不要になります。

しかし、節約を心掛けている人は、セールという言葉にめっぽう弱いと思います。

それでは節約しても帳消しです。

上記以外にも、毎日1円や10円のことを節約している一方で、値段が高い自動販売機で、ジュースを買ってみたり・・・

また、子供にだだをこねられてしまい、ついお菓子屋やおもちゃなどを買ってしまう。という人もいると思います。

それでは、せっかく節約しているのに、上記のようなことを頻繁にしていては、節約しても無駄とは言いませんが・・・

節約したことが、帳消しになってしまうと思います。

小さな節約の積み重ねも大切

とにかく、費用対効果ではないですが、労力に見合った節約をすることができれば、節約の効果は高まると思います。

また、小さな節約さえできない人が、効果が大きい節約ができるのかといわれると、それには疑問があります。

それは、節約は効果の大小に関わらず、節約を心掛けていなければできないことだからです。

ですので、小さな節約が無駄だと思うような人が、効果が大きい節約だけを選別してやれるとは、到底思えないからです。

そこで、一見無駄のように思えるような、小さな節約の積み重ねが、後の大きな節約になると思います。

節約には労力効果を考える必要がある。

また、節約と一言でいっても、あくまでも労力に見合った節約をしてこそ、節約の効果も高まると思います。

ですので、上記のティッシュを半分に切ってなどの話しは、ティッシュの使用頻度が少ない人には、あまり節約にならないと思います。

しかし、ティッシュの使用頻度が多い人にとっては、少ないながらも節約になると思います。

節約では、そういった労力的なことを考えるのも、ときには必要になると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ