節約しても節約リバウンドしてしまう人は節約には向かない?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

節約リバウンドとは

節約しようと思い、いろいろな節約にチャレンジするも節約のやり過ぎで、ストレスを溜めてしまうという人もいると思います。

そして、節約のやり過ぎでストレスを溜めた人がやってしまうことの一つに「節約リバウンド」があります。

節約リバウンドとは、節約のやり過ぎでストレスを溜めてしまうことで、必要以上に物を買ってしまうなどの「浪費」に走ってしまうことです。

そして、浪費に走ってしまえば、節約とは無縁の世界になってしまいます。

節約を止めるのも一つの方法

節約しても節約リバウンドしてしまえば、今まで節約したことが無駄になるだけでなく・・・

返ってお金を多く使ってしまうことになり、それでは節約した意味がなくなってしまうと思います。

そのような人は、無理に多くを節約しようとはせず、自分がやりやすいとか簡単な節約にだけに絞って、節約すれば良いと思います。

もしくは、節約自体を止めてしまうというのも、一つの方法になると思います。

病気などなる前に!

ストレスは「現代病」ともいわれていて、ストレスを溜めることは、精神的にも肉体的にもよくありません。

そして、節約のストレスで消費に走るだけでなく、精神的に病んでしまったり、何かしらの病気などになってしまえば、節約どころではないと思います。

また、節約でストレスを溜めたことでイライラしてしまい、そのことで家族など身近な人に、嫌な思いをさせてしまったりなど・・・

そのようなことになるぐらいなら、節約など止めてしまった方が良いと思います。

ストレスを溜めずに節約する。

そこで、節約リバウンドにならないためには、上記にも書いたように、自分のやりやすい簡単な節約だけに絞ってやるとか・・・

もしくは、例えば節約の目標金額が1万円なら、その半分の5千円にしてみるとか・・・

もしくは、肉が食べたいと思えば、肉は高いからと我慢するのではなく、節約を考え安い肉で代用して、ストレスを溜めないようにするとか・・・

とにかく、ストレスを溜めずに節約する方法は、考えればいろいろあると思います。

最後に

節約リバウンドで一番怖いのは、過度にストレスを溜めてしまうことです。

そのことで、普段の生活に支障が出てしまうようなら一度立ち止まって、今の節約の方法を見直す必要があると思います。

そして、節約は無理にするものではなく、ある意味楽しんでするものだと思います。

ですので、楽しく節約ができるよう心掛けることが、節約には大切なことだと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク