炊飯器の保温機能を使わない早炊きやエコ炊きで電気代を節約

スポンサーリンク

電気炊飯器(炊飯器)の保温機能と電気代

電気炊飯器について節約を考えるなら、電気炊飯器の機能にある「保温機能」は使わない方が良い思います。

それは、保温機能を使うことで、電気代が多く掛かってしまうからです。

例えば、保温機能を全く使わない家庭と、保温機能を頻繁に使う家庭を比べると、家族の人数にもよりますが「月1,000前後」も電気代が違うからです。

そこで、保温機能を使わなければ、単純計算で月1000円も節約できることになります。

ただし、最近の電気炊飯器は「節約設計」になっていますので、昔の電気炊飯器に比べ保温機能を使わなくても、1000円前後の節約にはならない場合もあります。

節約にエコ炊きや早炊きを使おう!

最近の電気炊飯器には、全てではありませんが「エコ炊き」や「早炊き」などの機能が付いています。

そのエコ炊きや早炊きなどの機能を使うと、炊飯時間が短縮され短くなりますので、電気代を節約することができます。

ちなみに、エコ炊きや早炊きだと「ご飯の味が落ちる」と思われがちですが、普通にご飯を炊くのと比べて、味はそれほど変わらないそうです。

では、普通にご飯を炊くのとエコ炊きや早炊きでは、何が違うのかというと・・・

それは「蒸らす時間が短縮される」だけで、ご飯の味や質はそれほど落ちないそうです。

エコ炊きや早炊でも味は落ちない

そこで、普通にご飯を炊いた方が、おいしいとは思いますが・・・

エコ炊きや早炊きを使っても、味がそれほど落ちないのであれば、節約を考えるならエコ炊きや早炊きを使う方が良いと思います。

そして、上記に書いた保温機能を使わないことや、エコ炊きや早炊きを使うことで、多い人だと毎月「1500円前後」の節約になる人もいるそうです。

電気炊飯器のことだけで、毎月1500円も節約できるなら、大きな節約になると思います。

その他の節約について

電気炊飯器を購入する際は、家族の人数を考えることが大切で、容量が大き過ぎずかつ小さ過ぎず「適度な容量」のものを選ぶことが大切です。

その理由は、容量が大き過ぎると、電気代がそれだけ無駄に多く掛かるからです。

一方小さ過ぎると、ご飯を多く炊く場合に、何度もご飯を炊くことになりますので、電気代が無駄に多く掛かってしまいます。

ですので、まずは適度な容量の電気炊飯器を選ぶことが、電気代節約の一歩になります。

また、電気消費量が抑えられている電気炊飯器を買えば、さらに多く電気代が節約になります。

最後に

上記にも書いたように、電気炊飯器を購入する際は・・・

値段が少し高くなってしまっても、電気消費量が抑えられているものや、エコ炊きや早炊きなどの機能が付いているものを選ぶようにすると良いと思います。

それは、例えば下記のような電気炊飯器になります。

その他には、電気炊飯器を使わないときは、こまめにコンセントを抜くようにすれば、さらに節約することができると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!