仕事や外出先に水筒を持参することで飲み物代を節約する!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

飲み物代は結構な金額になる!

仕事中や昼食のときなど、何か飲み物が飲みたいと思い・・・

そこで、自動販売機や近くの売店やコンビニなどで飲み物を買えば、当然飲み物代が掛かることになります。

それもたまになら良い思いますが、それが毎日のことになると、その積み重ねが後から計算すると、結構大きな金額になると思います。

例えばペットボトルを自動販売機で、1日2本購入すると「1日300円」になります。そして、月20日働くとすると「月6000円」になり、年間では「72000円」にもなります。

こうして改めて計算してみると、飲み物代は結構大きな金額になると思います。

水筒を持参する!

そこで、その1日300円を節約する方法としては、水筒を仕事(職場)に持参することで、無駄に飲み物を買うことなく節約できると思います。

水筒は、飲む量によって0.3Lの小さなものから、1L以上の大きなものまでいろいろありますので、自分の飲む量に合わせて購入すると良いと思います。

しかし、あまり大きな水筒を買ってしまうと、持ち運ぶのに不便になると思いますので、適度な大きさの水筒を選んで、購入するのが良いと思います。

もし、水筒の大きさで悩む場合には、無難な大きさとしては「0.5L前後」の水筒が、通常サイズになりますので良いと思います。

水筒があれば外出先でも節約になる。

また、上記の仕事のことだけでなく、ちょっとした外出先にも水筒を持参すれば、飲み物代を節約することができます。

特に暑い夏などは、少し歩いただけでもドッと汗が出て、喉が渇くと思います。

そういったときに水筒があれば、より多くの飲み物代を節約することができると思います。

そして水筒には、夏は氷を入れて冷たくするのも良し、冬は暖かい飲み物を入れるのも良しで、水筒を一つ持っていると何かと便利だと思います。

その他について

仮に、水筒の飲み物を飲み終わってしまったときには、会社で飲み物を作って水筒に入れておけば、また無料で飲むことができます。

もし、水筒を買うのがもったいないという人は、水筒ではなく「ペットボトル」を持参するなどの方法もあるります。

また、水筒を持って行く場所については、仕事だけに限定されることはなく・・・

学校、公園、遊園地、散歩、旅行など、そのような場所に水筒を持参することでも、飲み物代を節約することができると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク