格安SIMでスマホの通信費を節約する方法とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まだまだ高い大手スマホの通信費

最近では、ようやくスマホ(スマートフォン)の通信費も安くなってきましたが、まだまだ高いと思います。

そして、ドコモなどの大手スマホの通信費については、なんだかんだで、毎月7,000円~8,000円前後は掛かると思います。たとえ安く料金を抑えたとしても、それでも4,000円~5,000円は掛かるのではないでしょうか?

そこで、大手などから「格安SIM」にスマホを替えることで、スマホの通信費を節約する方法を紹介したいと思います。

SIMとは?格安SIMとは?

まず、SIMとは「SIMカード」という小さなチップのことで、スマホやタブレットなどに挿入して使用するものです。

SIMカードをスマホやタブレットに挿入することで、通話やネット(インターネット)を使うことができるようになります。

そして最近では、格安でSIMカードを提供する会社が増え、そのような格安でSMIカードを提供する会社のSIMのことを「格安SIM」といいます。

なぜ格安でSIMを提供できるのか?

格安SIMが安い理由は、大手とは違い初期投資をせず通信設備などを借りるという形を取っていますので、格安でSIMを提供できるということです。

これが大手の場合には、基地局に投資をしたり、店舗に投資をしたり、それに関わる人件費であったりで、その経費が上乗せされますので、格安SIMに比べスマホの通信費が高くなるということです。

経費を抑えている分、格安でSIMを提供できるということです。

楽天モバイルの場合

私が使っている「楽天モバイル」の場合「3M+通話」で「1,600円」(税別)となっています。この金額は、大手などと比べるとかなり安いと思います。

そして、今まで3Mを超えるということは1度もありませんでしたので、動画を見たりゲームを頻繁にしなければ、3Mあれば十分だと思います。

楽天モバイルのネックというか問題点としては、少し長く通話をすると結構な通話料が掛かるということです。この点については、LINEなどの無料通話を活用することで安くできると思います。

最後に

大手も最近では安いプランを発表したりしていますが、それでも格安SIMに比べるとまだまだ高いと思います。ですので、格安SIMに変更することで、スマホの通信費を節約することができると思います。

どの会社の格安SIMを選ぶかについては、参考になるサイトなどが多数ありますので、そのようなサイトを見て比較検討することで、自分に合う格安SIMを選べると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク