年収の少ない低収入の人でも節約すればお金は貯まる!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

生活するにはそれなりに生活費が掛かる。

年収の少ない低収入の人は、お金を貯めるにも苦労すると思います。それはなぜか?それは、低収入で収入が少ないからです。

生活をしていれば、家賃、食費、水道光熱費、通信費、保険など、それ以外にも服も買えば靴も買うし、身の回りの雑貨なども買うと思います。

また、女性ともなれば、男性に比べ洋服代は高くなり、化粧品も必要になりますので、相応の出費になると思います。

そこで生活するとなると、それなりに生活費は掛かることになると思います。

とにかく出費を減らすこと!

そこで、低収入でもお金を貯める方法とは、出費(支出)を減らすことです。そのことで、手持ちのお金を多くして、その分を貯蓄に回すということです。

そこで必要になるのが「節約」ということになります。

しかし、節約をするにも、適度に節約をして適度に貯蓄に励むということが大切で、節約には多くのメリットがあります。そのメリットを以下に書きたいと思います。

低収入でも節約すれば貯蓄は増える!

人それぞれ生活レベルは違うと思いますので、何ともいえないところですが、節約生活をしてる人は、一人暮らしなら月10万もあれば生活費としてはこと足りると思います。

そこで例えば、月手取りが20万なら、その生活費の10万を引くと、残りは10万となりますので、1年貯蓄をすれは120万、10年貯蓄をすれば1,200万貯まる計算になります。

その1,200万の貯蓄があるとなれば、かなり大きな金額になると思います。

しかし、節約をせずに、あるだけ使っていてはお金が貯まることはありません。そして、その期間がながくなればなるほど、節約してる人とお金をあればあるだけ使っている人とは、貯蓄の額に差が出てきます。

最後に

節約してお金を貯めるか?あればあるだけ使うか?それは本人の自由だと思いますが、人は生きていると何が起こるかわかりません。

そしてときには、ある程度まとまったお金が必要になるときもあると思います。そういったときに、ある程度の貯蓄があれば心強いと思います。

貯蓄をするということは、一種の「安心」を貯めているというのと同じことです。それは、上記にも書いた通り、何かあったときに使えるお金があるのとないのとでは、その安心感が全く違うからです。

ただし、多く貯蓄をしたいと無理に節約をすれば、今に使えるお金が限られることになり、生活することが窮屈になる可能性もあると思いますので、節約するにしても「適度に節約する」ということが大切だと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク