節約を考るならトイレは職場で済ませた方が良いというハナシ

スポンサーリンク

トイレの節約で月千円前後の節約

節約を実践している人の中には、節約するには「もう限界!」などと思っている人も多いと思います。

しかし、限界と思っていても、チョットした工夫や考え方次第では、節約できる方法がまだまだ見つかるかもしれません。

そこで、今回はトイレのチョットしたことを気を付けるだけで、月千円前後の節約ができる可能性があるという技を紹介したいと思います。

技というには少し大げさですが、それは以下の方法になります。

トイレの水道代は1回につき約4円

トイレ(タンク式)を1回流すと「いくら水道代が掛かるか知っていますか?」と聞かれても、ほとんどの人は知らないと思います。

そして、トイレのタンクの容量や住んでいる地域の水道代などにもよりますが、1回トイレを流すと平均で「約4円前後」の水道代が掛かるといわれています。

また、人は平均で1日「10回前後」トイレに行くといわれていますので・・・

それを計算すると、トイレの水道代だけを単純計算をすると「1日10回×4円=40円」ということで、1日の水道代だけで40円掛かる計算になります。

トイレは水道代だけじゃない!

しかし、上記の40円は「トイレを流す水道代だけ」の金額です。

そこには、トイレ後に手を洗ったり、トイレットペーパーを使ったり、トイレを掃除するための洗剤や道具類などは入っていません。

そして、それらを加えると、トイレのために1日で「約100円前後」の出費になるといわれています。

特に女性の場合は、トイレのたびに毎回トイレットペーパーを使いますので、男性に比べトイレに使うお金は多くなる傾向にあると思います。

そこで、トイレの水道代などを少しでも節約するには、どうしたら良いかという問題です。

トイレの節約方法

それは「なるべく職場でトイレを済ませる」ということで、無理にということではなく「できるだけ」という意味です。

そして、職場でトイレを済ませれば、水道代は元より、トイレットペーパー代や掃除代などが浮くことになりますので、節約になるということです。

単に、職場でトイレを済ませることに気を付けるだけで、月千円前は後節約できると思いますので、比較的に楽な節約方法になると思います。

もしくは、外の公衆トイレでという方法もりますが、場所により衛生的な問題があると思いますので、やはり職場でというのが無難だと思います。

最後に

トイレについては、誰もがキレイに清潔に使いたいと思います。

そこで、トイレをキレイに清潔に使うには、毎回トイレの後は水を流したり、定期的な掃除心掛けなかればなりません。

そういったことをするには、当然「コスト」が掛かりますので、コスト的に少しでも節約できればと思うのが心情だと思います。

そこで、上記に書いたような職場でトイレを済ますことができれば、清潔に使えて節約にもなりますので、一石二鳥になると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

水道光熱費
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ