トイレの便座は便座カバーを使って電気代を節約する。

スポンサーリンク

便座ヒーターについて

冬になると、トイレの「便座ヒーター」を入れる人が多くなると思います。

それは、冬の寒い時期に便座ヒーターを入れないでいると、便座が冷たくなるからです。

そのことで、便座に座ったときに「お尻が冷たい!」となってしまいます。

そこで、便座ヒーターを入れておけば、そういったことがなくなります。

さらに、便座がヒーターで温かくなっていますので、気持ちよくトイレができると思います。

便座ヒーターを入れる人は7割

ちなみに、冬になり便座ヒーターを入れる人の割合は「約7割」になるそうです。

そのことを知って、むしろ「3割」も便座ヒーターを入れない人がいるのかと思い、少しビックリしてしまいました。

というのも、便座ヒーターを入れないとお尻が冷たくて、嫌な気分になると思うからです。

そこで、その3割の人はどうしてるのかと思い、ネットで調べて見ると…

それは「便座カバー」を使っているそうです。

便座カバーとは

便座カバーとは、その名の通り便座に取り付ける、布製のカバーのことになります。

モノ的には、以下のような商品になります。

そして、便座カバーを付けることで冬の寒い日でも、お尻が冷えることがありません。

便座ヒーターの電気代

便座ヒーターの電気代について

メーカーや使い方などにもよりますが、1日で「10円~13円程度」になるそうです。

それを一ヶ月に直すと「300円~400円」かかるということになります。

そこで、便座カバーを利用して、便座ヒーターをオフ(OFF)にすれば…

その分の電気代が、節約できることになります。

しかし、便座カバーを使うとなると、電気代が節約できるメリットがある代りに、デメリットもあります。

最後に

便座カバーを使うデメリットは、カバーを定期的に洗濯しなければならないことです。

また、汚れ具合や劣化の状況などで、買い替えなければならないこともあります。

そういったことがありますので、便座カバーを使うのは、良し悪しがあると思います。

そこで、節約のことを第一に考えるなら、便座カバーを使って、電気代を節約するというのが良いと思います。

しかしその代わりに、上記に書いたようなデメリットもあります。

節約人気ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

水道光熱費
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
節約術から学ぶ節約生活ブログ
タイトルとURLをコピーしました