読みたい本は買うよりまずは「図書館」で借りて節約

スポンサーリンク
スポンサーリンク

必要のない本は無駄

読みたい本があると書店に行って買ってみたり、最近では、ネットを使えば簡単に買えますので、ネットで本を買うという人も少なくないと思います。

しかし、いざ欲しい本を買ってじっくりとその買った本を読んでみると、大して必要なかったなんてことが、結構あると思います。

いわゆる「買わなきゃ良かった!」「失敗した!」と思ってしまうヤツです。

それは、必要ないものですので、当然「無駄使い」でしかないと思います。また、本は、実際に買ってみると、意外に価格(値段)が高いということがわかると思います。

まずは図書館へ!

それは、本の価格は、安いものでは数百円程度で買えますが、マンガや雑誌など以外は、一般的に千円前後~となっていますので、1冊だけならともかく、数冊まとめて買うとなると結構な金額になると思います。

また、本が好きな人が、上記のように、何冊もまとめて毎週・毎月のよう本を買っていたら、年間にすると、それなりに大きな金額になると思います。

そこで、本代(書籍代)の節約を考えるなら、必要ない本は極力買わないようにすることが大切だと思います。

本代の節約方法

その本代を節約するには、どのようにしたら良いのか?

まずは、図書館に行って、欲しい本を借りてみて、読んでみるということです。そこで、不要だと思うなら買わなくて済みますし、必要だと思うなら買えば良いと思います。

それをするだけでも、本を定期的に購入している人などは、かなりの節約になると思います。また、ネットの口コミ情報などを活用することでも、その本が必要か必要でないかを判断できると思います。

もしくは、本を安く売っているブックオフなどの中古店を利用するのも、本代を安くする1つの方法だと思います。

最後に

上記にも書きましたが、本って結構高くて、1冊千円から中には数千円もする本もザラにありますので、そのような本を購入して失敗したとなると、相当な無駄使いになると思います。

ですので、本を購入するときは勢いや何となくで購入することなく、図書館にあるものなら図書館で借りて読んでみる。

また、図書館にないものなら、ネットの口コミ情報を参考にして良いといわれている本を買うとか、ブックオフなどで安く売ってないか探してみるなどをすることで、本を無駄に買わないことなどで、節約することができると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク