薄口(淡口)醤油と濃口醤油ではどちらが節約になるのか?

スポンサーリンク

薄口(淡口)醤油は塩分が高い

薄口(淡口)醤油といわれると、濃口醤油に比べて塩分の量が少なく、健康に良いと思いがちだと思います。

しかし、薄口の方が濃口より、実は塩分が高くなっています。

薄口とは、単に醤油自体の色が薄いだけで、塩分とは関係ないそうです。

それは、メーカーによって誤差がありますが、濃口の塩分が「約16%」に対して、薄口の塩分は「約18%」になります。

そこで、薄口の方が「約2%」も、塩分が高い計算になります。

薄口と濃口の違いとは

薄口と濃口の違いは「熟成期間」に違いにあります。

薄口は、熟成期間が短いため、色が薄くなります。

そして、醤油に風味があり色が薄いため、野菜や煮物やうどんなどで、色を損ねたくない場合に使うのに最適です。

一方、濃口は熟成期間が長いため、色が濃くなります。

濃口は、薄口よりコクがあるといわれていて、煮物、焼き物、炒め物など、オールマイティーに使うことができます。

健康には濃口の方が良い

そして、薄口の方が塩分が低いと思い、濃口より多目に使う人もいると思います。

私も以前は、健康を考えて薄口を使っていたのですが・・・

薄口を使うときは、味が薄いという先入観で、濃口より少し多目に使っていました。

しかし、薄口の方が塩分が高いことを知り、薄口を買うのを止めて濃口を買って、醤油を多目に使うのを止めました。

そこで、醤油を使う量が減りましたので、健康を考えると良かったと思います。

節約を考えるならどちら?

節約を考えるなら、薄口よりも一般的に多く売っている濃口(普通)の方が、安く売っていることが多いと思います。

そこで、濃口を買った方が、節約になると思います。

また、薄口だと塩分が高いので、健康のことを考えても、良いとはいえないと思います。

ということで、安く売っている濃口を買った方が、財布にも健康にも優しい。ということになると思います。

また、大阪のうどんは東京に比べて、汁が澄んでいて薄味でおいしいなどといわれますが、実は塩分が高いうどんになります。

最後に

薄口は、濃口よりも「塩分が低い」と考える人が多いと思います。

しかし、薄口は単に色が薄いというだけで、塩分には関係ないということで、考えを改めた方が良いと思います。

そして、節約を考えるなら薄口ではなく、一般的に多く売っている安い醤油を買うのが、節約には一番良いと思います。

また、健康のことを考えるなら、醤油の種類で考えるのではなく使う量を調整して、少なく使うのが良いと思います。

節約人気ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

食費
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
節約術から学ぶ節約生活ブログ
タイトルとURLをコピーしました