スーパーで野菜を買うなら腐りにくい野菜を買うと節約になる。

スポンサーリンク

野菜を買うにも選んで買うこと!

スーパーに行くと、いろいろな野菜が売っていると思います。

そして、スーパーで野菜を買うにも特に何も考えず、食べたい野菜を買うというのが、普通のことだと思います。

しかし、そのとき食べたいと思って買った野菜も、当日か翌日ぐらいに食べるなら良いと思いますが、数日後に食べようと思い買う人もいると思います。

そして、数日後に食べようと思い買った野菜を見ると、色が変色してしまっていたり、中には腐っていたなどのこともあると思います。

野菜を腐らせるのは無駄

野菜が腐っていれば、食べることはできませんので、捨てるしかありません。

食べようと思い買った野菜を食べることなく捨ててしまえば、それは無駄でしかなく、節約になることはありません。

そこで、野菜を買うにしても、長く日持ちする野菜や腐りにくい野菜を買えば、腐らせることは少ないので、結果的に節約になると思います。

では、どういった野菜を買えば、日持ちしたり腐りにくいのかということですが・・・

野菜を買うなら根菜類

日持ちするとか腐りにくい野菜とは、それはズバリ「根菜類」になります。

具体的な根菜類とは、大根、ジャガイモ、玉ねぎ、ニンジン、ごぼう、しょうがなどの野菜になります。

ちなみに、根菜類とは「根や地下茎を食用とする野菜(作物)」になります。

一方、腐りやすい野菜は「葉菜類」で、キャベツ,ホウレンソウ,レタス,セロリなどの野菜になります。

葉菜類は当日が翌日に食べ切る。

しかし、野菜を買うなら根菜類が良いといっても、毎回根菜類だけを食べるというのも、それには無理があると思います。

そこでどのようにすれば良いのかというと、葉菜類を買ったときには、買った当日か1~2日後には食べ切ってしまう。

そして、根菜類の場合には日持ちしますので、4~5日ぐらいで食べ切るという風にすれば、買った野菜を腐らせるということは少ないと思います。

そして、野菜を腐らせることがなければ、買った野菜が無駄になるということはありませんので、節約になるということです。

その他について

それ以外にも、野菜は基本的に腐りやすので、家族がいる人は別ですが、特に一人暮らしの人などは、野菜の「買い溜め」は避けた方が良いだと思います。

買い溜めは、節約には有効な手段になることも多いと思います。

しかし、買い溜めするにしても、買い溜めして良いモノと悪いモノを区別して買い溜めしなければ、節約の手段にはならないと思います。

また、野菜を腐らせそうだと思ったときには、取り合えず「冷凍」しておいて、後から食べれば捨てることがないので、無駄になることはないと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

買い物
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ