給与の何割を家賃にすべきなのか家賃から節約を考える。

スポンサーリンク

家賃は手取り給与の3割が普通?

給与の何割程度を家賃に充てるのが適切なのか・・・

それは、手取り給与の「3割」ぐらいを家賃に充てるのが、一般的には妥当とか適切とかいわれています。

そこで、手取り給与の3割を家賃に充てているという人は、家賃を手取り給料の3割以下に下げることができれば節約になります。

もしくは、給与の3割以下の家賃であっても、現在の家賃よりさらに家賃を下げることができれば節約になります。

焦らないことが重要

しかし、家賃を下げるといっても、そう簡単にできることではないと思います。

それはまず、今まで住んでいる慣れた環境を変えるということは、ある意味勇気がいることだと思うからです。

また、家賃を節約したいと思い引っ越しを考えても、そう簡単に自分に合う物件がすぐに見つかるとは限らないと思います。

そこで、家賃を節約したいと引っ越しなどを考えるなら、焦らず自分に合う物件をじっくりと探すことが重要になると思います。

給与の3割が家賃の例

例えば、手取り給与が20万の人の3割が家賃になると、その家賃としては「6万前後」が適切だということになります。

そこで、例えば家賃8万のところに住んでいた場合には・・・

家賃の支払いが2万前後多いということで、家賃をもう少し安いところに引っ越した方が節約になり、生活も家賃に縛られず安定すると思います。

ただし、職場から近いところに住みたい、両親が心配なので両親の近くに住みたい、駅から近い場所が良いなど・・・

何かしらの目的があり、現在のところに住んでいたい場合には、家賃で節約することは諦めるしかないと思います。ただし、方法がないわけではありません。

家賃を下げる方法

現在住んでいるところに、特別住む理由がないという場合には・・・

手取り給与の3割以上の家賃を払っているなら、高い家賃は家計を圧迫しますので、引っ越すことで家賃を見直した方が良いと思います。

その方法としては、通常だと安い家賃のところに引っ越すということになると思います。

また別の方法では、不動産屋を通じて現在の家賃を交渉して下げるか、もしくは直接大家さんと交渉するなどの方法もあります。

家賃から節約を考える。

住む場所については、人それぞれライフスタイルがありますので、手取り給与の3割以上の家賃が一概に高いとはいえないと思います。

ただし節約を考えた場合、家賃の支払いは大きな部分を締めますので、少しでも安いところに住むことで節約になると思います。

その家賃の目安が、手取り給与の3割ということです。

そこで、その3割より高い家賃を払っている場合で、少しでも節約がしたいという人は、引っ越しをするなどの方法で節約することができると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

家賃・住居費
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
節約術から学ぶ節約生活ブログ