シャワーを出す時間を短縮することで水道代やガス代を節約

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1分節約で年間2千円の節約

シャワーを使う際には、お湯を出しっぱなしにはせずこまめにシャワーを止めて、お湯を出す時間を短縮することで節約することができます。

毎日シャワーを浴びる人だと、それを足った1分やるだけで、水道代とガス代を合わせると年間で約2千円近い節約になるそうです。

また、1分ではなく、その時間を2分3分と長く短縮することで、4千円6千円と節約する金額は増えて行きます。

そして、私自身お風呂となると毎回シャワーですので、なるべくシャワーは出しっぱなしにしないようにして、節約を心掛けています。

湯船のはり方

また、お風呂に入る際に湯船に浸かるという人は、湯船の温度が高い程、ガス代(ガス給湯器の場合)が高くなります。

そこで、お風呂で湯船に浸かるときは、熱めにお湯を張って後から水を足すよりも、適温でお湯を張るようにする方が節約になります。

もしくは、少しぬる目のお湯の方が、ガス代を節約することができます。

ということで、湯船をはるにも少しの気使いをすることで、節約することができるということです。

節水シャワーヘッドを使う。

また、シャワーヘッドを「節水型」のシャワーヘッドに変えることでも、水道代などの節約になります。

節水シャワーヘッドとは、通常のシャワーヘッドより穴の大きさや数を減らしているため、節水になるシャワーヘッドになります。

また、使うお湯の量も少なくなるため、水道代だけでなくガス代の節約にもなります。

その節約では、毎日シャワーをする人で、1ヵ月で「約500円~800円」の節約になるといわれています。

節水シャワーの取り付けは簡単で、価格も楽天だと1500円程度で購入できますので、約2か月で元が取れる計算になります。

最後に

40℃のシャワーを1分間出すとそのガス代は「約6円」になります。そして、設定温度を1℃下げると1分で「約0.2円」の節約になります。

そのことを頭の隅に覚えておくことで、出来るだけこまめにシャワーを止めること。また、設定温度を低くすることで、より多くの節約になります。

1つの節約では小さなことでも、多くのことを節約することで「塵も積もれば」ではないですが、節約の金額は大きくなると思います。

ですので、節約では1つ1つの節約を大切にすることが重要になると思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク