2020年6月 優待クロス取得状況(最終報告)

スポンサーリンク

2020年6月 優待クロス取得状況(最終報告)

6月の優待クロスは、比較的優待が多い時期ですので、取れる優待も多いと思います。

また、取れる優待が多いということは、欲しい優待も多いと思いますので、狙う優待も多くなると思います。

とはいえ、優待が多いということは、有名な優待はそれだけ激戦になりますので…

早くから取得しないと、在庫切れで取れなくなってしまうと思います。

しかし、早くから取得すると今度は、賃株料などの手数料が多く取られますので、取得するタイミングが難しいと思います。

ということで、私が取得した優待が、以下の内容になります。

取得内容

・アルペン(2000円 優待券)

・アークランド(2200円 食事券(かつやなど))

・ブロンコビリー(2000円 優待券)

・すかいらーく(33000円 優待カード)

・岡部(500円 クオカード)

・クボタ(パスタ150g×2 新潟米3㎏)

・ロイヤルHD(12000円 食事券(ロイヤルホストなど))

・GMO(5000円 ドメイン利用料割引)

・ラックランド(3000円 名産品詰め合わせ)

・マクドナルド(30枚 食事券)

「合計10社」(マクドナルドはSBI証券で取得、それ以外は日興証券で取得)

成功及び失敗など

今回は、私の資産から考えると内容的に、まずまずの結果だったと思います。

まず「すかいらーく」や「ロイヤルHD」は、在庫がなくなる直前に取れましたので、タイミング的にバッチリでした。

また、取れないと思っていた「ラックランド」が、運良く直前に取れたはのラッキーでした。

しかし、GMOを早くから取ってしまい、無駄に賃株料の数百円を払う羽目に。

また、今回の最大の失敗は、マクドナルドを早くから取ってしまい、手数料などで7000円近くも掛かってしまいました。

とはいえ、全体で考えると、今回の優待クロスは成功だったのかなと思います。

最後に

優待クロスは、節約に大いに役立つと思います。特に「食品系」の優待が多いので、食費の節約に役立つと思います。

例えば、飲食系の優待だと優待を使うことで、店で無料で食事ができるとか、もしくは少額で食事ができるとか。

また、ギフトがもらえる優待だと、大抵食品のギフトがありますので、そういったことでも食費の節約ができると思います。

さらに使わない優待ならば、金券屋やヤフオクなどで、売ることもできますので…

優待を売ったお金で、食費以外の節約をすることもできますので、節約で優待クロスをするのは、私はアリだと思います。

節約人気ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

優待
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
節約術から学ぶ節約生活ブログ
タイトルとURLをコピーしました