薬の節約は「ジェネリック医薬品」を選ぶことが基本中の基本!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジェネリック医薬品を選ぶのは節約の基本!?

病院などで処方される薬の節約は「ジェネリック医薬品」を選ぶことが、基本中の基本なんだそうです。

そのジェネリック医薬品とは?

ある医薬品メーカーが開発した先発医薬品(新薬)の特許期間満了後に、別の医薬品メーカーが同じ有効成分と製法によって製造する薬のこと。後発医薬品ともいいます。

とにかく聞いてみることが重要

そこで、薬を処方してもらうとき、もしくは薬局で、ジェネリック医薬品に変更できるか聞いてみることが重要です。

聞いてみれば、もし処方される予定の薬と同じ効果(効力)があるジェネリック医薬品があれば、そちらに変えてくれます。そして、何も聞かずに何もいわないままでいると、そのまま最新の高い薬(先発医薬品)を渡されてしまいます。

ですので、聞きづらいとか恥ずかしいとか思わず、積極的に聞いてみることが重要です。

なんと!50%以上も安くなる!?

ジェネリック医薬品は、薬の種類によっては、なんと!本来の値段の50%以上も安くなる場合もあるそうです。

薬の値段が半額以下になるのですから、節約を考えるなら大きな節約になると思います。

ジェネリック医薬品も先発医薬品(新薬)も、基本的な効果は変わりませんので、ジェネリック医薬品に替えるだけで、薬代を安く抑えられるますので、お得だと思います。

最後に

日本でのジェネリック医薬品は、あまり出回っていなったり、絶対数的にも少ないため、薬代が安く抑えられるといっても、変更できる薬はまだまだ少ない状況です。

さらに、ジェネリック医薬品を作っているのは、大手ではなく中小メーカーが多く、成分的に不安定な面も多く、医師からの信頼もまだまだ低いようです。

ですので、ジェネリック医薬品は、日本ではまだ発展途上にある制度だと思いますので、節約を考えてジェネリック医薬品を選ぶにしても、担当の医師に良く相談してから決めるのが良いと思います。

節約・節約術ブログランキング ⇐ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク